パソコンの買替サイクル

パソコンの買替サイクル

 

WindowsXPのサポート終了にともなってパソコンを買い替えるという方が増えているようです。

 

パソコンもやはり消耗品です。
Windowsのサポート終了とは無関係に買い替える時期はやってきます。
それではどのくらいのタイミングで買い替えるのがいいのでしょうか?

 

ほとんどの方はパソコンを買うときに家電量販店で購入される方が多いと思います。

 

その理由としては

  • インターネットの通信販売で購入する方が安いのはわかっているけどどれを選んだらいいかわからない。
  • 購入するパソコンの説明を聞いて購入したい。
  • 通信販売でクレジットカードを使うのが怖い。
  • 不良品が届かないかが心配。

というような理由が考えられます。

 

わたくしは基本的に家電量販店でパソコンを買うことはまずありません。
ちょっと価格設定が高すぎるんです。
もちろん国内有名ブランドの最新モデルが並んでるんですから高いのは当たり前です。
価格帯で見ると10万円を超える商品が多いでしょうか。

 

なぜ高いパソコンを買わないのか?
その理由はパソコンの耐用年数と深い関係がありますのでそれについて説明してみます。

パソコンの耐用年数

 

そもそもパソコンの耐用年数というのはどのくらいでしょう。
法定耐用年数とかいう堅苦しいものではなく実際に使える年数でいうと4年〜5年くらいではないでしょうか?
この4,5年というのは短いようですがコンピュータの周辺環境の変化からすると長すぎるくらいの期間です。

 

最近の4,5年の間にもOSは変わり、技術も進歩し通信スピードは革新的にあがりました。
これは今にはじまったことではなくもう数十年繰り返しているサイクルです。

 

そうするとパソコン上で使うアプリケーションやインターネット上のサイトは最新パソコンのスペックに合わせて作成されます。
自分のパソコンが遅くなったのではなく周りの環境が要求するスペックに対応できなくなってきているだけです。
ですが不幸なことに同じ人が自宅や会社で複数の端末を操作することも多いためそのスペックの差に気づいてしまうことです。

 

あと耐用年数のことでどうしても触れておかなければいけないのがハードディスクの耐用年数です。
最近よくパソコンが立ち上がらなくなったという問い合せがありますがそのほとんどがハードディスクの破損です。
ハードディスクの一部だけの破損がほとんどなので中のデータを取り出すことはなんとかできますがさすがにそのパソコンを
使い続けるのはおすすめできません。

 

ハードディスクの耐用年数から考えても快適に安心して使えるのは4,5年と考えた方が合理的だと思います。
4,5年で買い替えることを想定すると月々2,000円と考えても4年間で96,000円までに抑えるのが妥当だといえるでしょう。


トップ サービス よくあるご質問 企業情報 求人情報 ちょネタ帳 お問合せ